スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1箱1000円時代。

日本たばこ産業(JT、コード2914)が次期総選挙の行方に神経をとがらせている。政権交代で民主党政権が発足すれば、財政難の中、自民党税制調査会で昨年見送られた「1箱1000円」も視野に入れた“たばこ増税”が急浮上し、拡大基調にある海外ビジネスの収益効果に水を差す可能性があるためだ。 (以下略)
FujiSankei Business i. 2009/7/7
http://www.business-i.jp/news/special-page/chumokukabu/200907070010o.nwc

かねてからチラホラ話題になっていた、タバコの1箱千円説。
これは、かなり現実味を増してきましたね。

そもそも海外では、タバコ1000円なんて、ずっと前から当り前でした。
海外の先進諸国のタバコ値上げに関する見解は、こんな感じです。
・喫煙常習者は、値上げしてもタバコは辞められない。
・タバコが与える悪影響を考えれば、安いもの。
・国民の健康が第一。
一方、日本はどうでしょうか。
(日本の、喫煙に対する方策は、各国から笑いものにされているそうです。)
・健康面での問題はあるが、税収面の問題があり、たばこ増税は実行できない。
これが今の所の本音なんでしょうか。何と言う情けない話ですかね。
ある試算では、タバコの税収<タバコによる経済的損失
なんだそうです。医療費や火事、仕事の効率低下などを考えると、タバコの経済的マイナスは、税収を超える可能性があるのです。こういう考え方が出来ず、ひたすらに、禁煙者が増える=税収マイナス=財政難、という短絡的な思考しか無いのでしょうか。大体、国民の健康を第一に考えられない国だとすれば、こんなに悲しいことはないですよね。

この話題は、インターネットの各掲示板でも大反響なんですが、意外や意外。禁煙者はもちろんのこと、喫煙者も「歓迎」している人が大勢いるのです。中には、
「良かった。千円になれば、心置きなく禁煙出来る。絶対賛成。俺、民主党に入れるわ。何なら1万円にしてもらいたい位だ」という意見も。
とても素直で柔軟な発想の人だな、と思いましたが、「ニコチン依存」ってここまで凄いのかなと改めて考えさせられました。こんなにタバコを辞めたいのに、依存症だから今まで辞められなかったのでしょう。

こういう人達のためにも、はやくタバコ代は1箱千円にするべきですね。海外では当り前ですし。
税収も、喫煙者の数は減っても単価が上がるわけですから。本当にタバコを愛している残り少ない人たちが、しっかり税金を納めてくれるはずです。


テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ご訪問有難うございます

wahoomen

Author:wahoomen
趣味は健康です(笑)
ウォーキングや筋トレもやります(笑)
時々走ったりもします(笑)

Index
スポンサーリンク
お気に入り登録★
こちらも参加中
RSSフィード

 RSSリーダーで購読する

QRコード
QRコード
タイトル&アドレス
健康スペシャル wahoomen.blog56
スポンサーリンク
カテゴリ
参加中です★
リンクⅠ
このブログをリンクに追加する
検索エンジンWODGE
The Search 検索エンジンカテゴリ
検索エンジンMMI-NAVI
SEO対策検索サイト
相互リンカー.com/e-レーシック
かんたん相互リンク
blogranking.net
blogpeople
リンクⅡ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。